いま世界に挑戦できるのは、本物のそばだけです。 いま世界に挑戦できるのは、本物のそばだけです。

ほとんどの日本人が、大晦日に
食べるもの。そう、年越しそばです。

蕎麦料理蕎麦料理

この風習は、江戸時代からはじまったとされる日本文化のひとつ。
「今年一年の災厄を断ち切る」という意味合いをはじめ、麺が細いこと
から「長く生きる」、そばが強く育つことから「健康への願い」など実に
さまざまな縁起担ぎで愛されてきました。

そばは歴史が古く、寿司や天ぷらと並び、日本を代表する和食メニュー。
かけそば、ざるそば、もりそば、などさまざまな食べ方があり、
全国各地で異なる発展を遂げてきた地域ならではの文化もある。つまり、そばとは、ただのおいしい食べ物ではありません。
日本人の生活と風習に、深く結びついてきた一大文化なのです。

にもかかわらず、「そば」はビジネスの視点で見ると、他の和食に大きく
遅れをとってきたのが事実。「ラーメン」「うどん」「パスタ」といった同じ麺業界の中でさえも。
手軽な〝立ち食いそば〟は関東では定着していますが、
日本のそば文化本来の魅力を伝える〝本格派そば〟は
食材管理の徹底や職人技術の継承などビシネスの敷居が高い領域。
「本物志向のそばは、ビジネスとして成功しにくい」。
フードビジネスではそういった声が一般的ですが、逆に「そばよし」は、
長年、ここに力を注いできました。
常識にとらわれない新しいチャレンジさえもはじめています。
日本の粋なそば文化を守るために。そして何より、さらに発展させるためにです。

そばという日本を代表する
食文化を守る。さらに発展させる。

蕎麦の食事風景そばよしの店舗内の風景

実は、そばはニューヨークやパリなどのセレブたちに
絶大な支持をされています。落ち着いた空間で一流の会話を楽しみながら、ゆっくりとツルツルとした喉ごしを味わう。

ひょっとして、日本のそばの魅力を日本人である私たちの方が気づいていないのかもしれません。
日本発の本物志向のそばのビジネスは、
いまや世界で最も注目されているのです。

調理の様子

「そばよし」が求めているのは、「そばよし」の本物志向のそばを通して、
その本当の魅力を伝えたい人。
いや、日本の食文化の魅力を、
もっともっと広めたい人です。
もっと多くの若い日本の人たちに。そして世界中の人たちに向けて。

「そばよし」の挑戦は、まだはじまったばかり。これまで先代たちが培ってきた伝統をベースに、次世代と世界を魅了するクールな蕎麦ビジネスを
私たちとともに作り上げていきましょう。

〝本物のそば〟を通して、日本の粋な食文化を守る。そして世界へ。「そばよし」が作るのは、伝統的で新しい、クールな蕎麦文化です。〝本物のそば〟を通して、日本の粋な食文化を守る。そして世界へ。「そばよし」が作るのは、伝統的で新しい、クールな蕎麦文化です。